子どもアドボカシー制度

#0

子どもアドボカシー制度

子どもアドボカシー広島 代表 弁護士 定者 吉人

#1

子どもにとって親は 困ったとき、助けてくれる はずの存在です。

#2

しかし、いろんな事情で、 親の助けを得られない子ども がいます。

#3

たとえば

#4

親がいない

#5

貧困などのため、 親が自分の生活で 精いっぱい

#6

親から虐待を受けている

#7

いろいろな事情で、 親と離れて生活している

#8

こうした 子どもには

#9

子どもの思いや願いを 真剣に聴き、 それが実現するよう取り組む おとなが不可欠です。

#10

子どもアドボカシー制度は

#11

こうした、困難な立場にある 子どもたちのためのものです。

Script Toggle